東証社長:先進国の株式流動性低下は規制論影響、大証統合は「粛々」

東京証券取引所グループの斉藤惇 社長は25日午後の定例会見で、先進国の株式市場で顕著となっている 流動性低下の原因について、金融市場の規制論が背景にあるとの認識 を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。