銀のETP通じた保有量、過去最高に増加か-中銀の刺激策で

上場取引型金融商品(ETP)を通 じた銀の保有量が過去最高水準に近づいている。世界各国の中央銀行が 追加的な景気刺激策を導入したため投資家が貴金属の保有を増やしてお り、金とプラチナのETPを通じた保有量は既に最高水準に達してい る。

ブルームバーグが集計したデータによると、ETPを通じた銀の保 有量は24日、1万8525.76トンと、ピークだった2011年4月の1 万8639.07トンまで0.6%に迫った。景気回復も支援材料となり、銀相場 は年初来で22%上昇し、金やプラチナ、パラジウム先物の上昇率を上回 っている。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の商品戦略担当 シニアストラテジスト、ニック・トレベサン氏は銀相場について、「非 常に大きく急速に動き、通常、どの方向であっても極端に動く」と指 摘。「銀相場は金に連動するだろうが、市場関係者が銀に強い関心を抱 くには工業用需要も堅調である必要があるだろう」と語る。同氏は ETPを通じた銀保有量が過去最高水準に達するとみている。

米連邦準備制度理事会(FRB)が13日に量的緩和第3弾(QE 3)の実施を表明したことから、インフレが加速しドル相場が軟化する との見方が強まり、ETPを通じた金とプラチナの保有量は共に過去最 高水準に達している。

原題:Silver in ETPs Set for Record as Central Banks Ignite Demand (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE