ドイツの銀行、スペイン向け投資残高1399億ドル-WSJ

ドイツの銀行は欧州のどの国の銀行 よりもスペイン向けの投資が多く、残高は約1399億ドル(約10兆8800億 円)に上ると、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じ た。従って、ドイツにはスペインの財政とユーロへの信頼回復を急ぐ理 由があると同紙は指摘した。

ドイツの銀行のスペイン投資のうち459億ドル相当が金融機関への 投資だという。スペイン国債については多くを売却またはヘッジしたも のの、金融機関と商業用不動産、その他危機の影響を受ける業界への投 資が多額だと同紙は報じている。

ドイツの銀行はスペインのカバード債を多く保有しているが、スペ インでは不動産価格が下落しているために担保価値が目減りしていると 同紙は説明。バーデン ・ビュルテンベルク州立銀行(LBBW)とバ イエルン州立銀行、北ドイツ州立銀行(ノルトLB)のリスクが特に大 きいという。

原題:German Banks Have $139.9 Billion of Investments in Spain: WSJ(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE