米シティ、EURIBORの指定銀行から撤退-取引低調で

米シティグループは欧州銀行間取引 金利(EURIBOR)設定に向け金利情報を提供する指定銀行から撤 退した。域内の銀行間取引が低水準であることを理由に挙げた。

シティが24日の発表文で明らかにしたところによると、情報提供し たのは21日が最後となった。「ユーロ圏の銀行間取引が低調なことか ら、シティはEURIBOR向けに情報を提供する指定銀行という役割 から撤退を決めた」と説明した。

原題:Citigroup Withdraws From Euribor Setting Panel Citing Low Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE