中国:リバースレポでの資金供給が過去最高-資金需要に対応

中国人民銀行(中央銀行)は25日、 リバースレポを通じて過去最高となる2900億元(約3兆5800億円)を金 融システムに供給した。連休を控え流動性逼迫(ひっぱく)に対応する のが狙い。

オペ参加を義務付けられているプライマリーディーラーのトレーダ ーによれば、人民銀は28日物と14日物のリバースレポでそれぞれ1900億 元、1000億元を供給した。この日のリバースレポ総額は、ブルームバー グが統計を開始した2004年以降で最高。

招商銀行の債券アナリスト、劉俊宇氏(深圳在勤)は、「過去最高 額となるリバースレポは、四半期末と連休を控えた資金需要急増に対応 するためだ」とし、「人民銀はリバースレポを通じた資金供給を強化し ており、月内に預金準備率を引き下げる公算は小さい」と述べた。

銀行間資金の取引センター、NIFCがまとめた加重平均金利によ ると、7日物レポ金利は上海時間午前11時7分(日本時間午後0時7 分)現在、前日比22ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇 の4.73%と、6月28日以来の高水準。

原題:China’s Central Bank Injects Record Funds to Ease Cash Crunch(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE