米国の豚肉供給、1975年以来の低水準に減少か-干ばつの余波

米国の養豚業者は2009年以降で最も 速いペースで食肉処理を進めている。飼料価格の高騰で業者の損失が過 去14年で最大にまで拡大する可能性が高いためだ。これにより、来年は 飼育数が減少し豚肉価格が反発する可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。