中国:8月景気先行指数、1.7%上昇-経済減速の落ち着き示唆

中国の8月の景気先行指数は前月比 で伸びが加速した。同国の景気減速が落ち着きつつある可能性が示唆さ れた。

米民間調査機関コンファレンス・ボードが25日発表した8月の中国 景気先行指数(速報値)は前月比1.7%上昇し、240.4となった。1.7% の上昇は過去7カ月間で最大。7月は0.6%上昇(改定値)だった。

同統計により、温家宝首相が成長支援に向け景気刺激策を講じる可 能性は低まったとみられる。同国の今年の経済成長は22年ぶりの低い伸 びにとどまる恐れがある。また8月の工業生産が鈍化し、輸入が予想外 の減少となったものの、人民銀建て新規融資は予想を上回る回復を見せ た。

コンファレンス・ボードのエコノミスト、アンドルー・ポーク氏 (北京在勤)は発表資料で、「現在の経済情勢は引き続き不活発だが、 8月の景気先行指数の改善により緩やかな成長回復の期待が高まった」 と分析。不動産や与信の伸びの回復、消費者心理の改善が同指数を押し 上げたと説明した。

原題:China Leading Economic Index Rises 1.7%, Conference Board Says(抜粋)

--取材協力:John Liu.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE