RBS株の政府持ち分、早期売却は企業融資に打撃も-英副首

クレッグ英副首相は、英銀ロイヤ ル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)株の政府持ち 分の早期売却は企業・個人向け融資にリスクを与えるだろうとの見方を 示した。

クレッグ副首相は24日、英ブライトンでブルームバーグテレビジョ ンのインタビューに答え、「国内の銀行システムに対してバランスシー トを改善するようしっかり圧力をかける必要がある」と指摘。その上 で、「ただ、銀行に迅速に実行するよう過度に迫れば、銀行が現金を抱 え込む結果となる。政府持ち分の迅速な売却を過度に求めることは、実 体経済における信用の問題を悪化させるだけだ」と指摘した。

RBSは2008年に政府に救済されて以降、資産を8000億ポンド (約101兆円)余り圧縮し、3万6000人を削減、証券部門とアイルラン ド部門の規模を縮小してきた。RBSの株価は依然として、英政府が同 行株式82%を約455億ポンドで取得した時点の半分未満にとどまってい る。

原題:Early Sale of RBS Stake Would Hit Loans to Companies, Clegg Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE