オリンパス:菊川被告ら全員が起訴内容認める-粉飾決算の初公判

オリンパスの粉飾決算事件で金融 商 品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)などの罪に問われた元 会長兼社長の菊川剛被告(71)ら旧経営陣と、法人としての同社の初 公判が25日、東京地裁(今崎幸彦裁判長)で開かれた。菊川被告ら全 員が起訴された内容を認めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。