ソフトバンク:iPhone旧機種の下取り方式変更-警察の指導受け

国内携帯電話3位ソフトバンクモ バイルは、米アップルのスマートフォン(多機能携帯電話)新機種「i Phone(アイフォーン)5」発売に合わせ導入した旧機種下取りの 実施主体を25日に同社から、古物商の許可を持つグループの別会社ソ フトバンクテレコムに変更した。警視庁の指導を受けた措置。

ソフトバンク広報の伊東史博氏がブルームバーグ・ニュースの電話 取材に明らかにした。変更に伴い下取りの方式も、ソフトバンクモバイ ルの店舗で受け付ける方式から、利用者がソフトバンクテレコムに郵送 する形に変えた。下取り自体は従来の発表通り最大2万円を、毎月の支 払いから1000円ずつ割り引く形で実施する。

同氏によると下取りを行うには、営業所がある各都道府県の公安委 員会から古物商の許可を得る必要があるが、ソフトバンクモバイルは許 可を得ていなかった。伊東氏は新方式について「警視庁から了解を得て おり問題はない」と述べている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE