台湾船50隻が尖閣領海に、放水で警告-日中外相会談見通し立たず

尖閣諸島の国有化を受けて日中間で 緊張が高まる中、今度は台湾の漁船や巡視船計50隻余りが25日午前、相 次いで同諸島周辺の日本の領海に侵入、海上保安庁の巡視船が放水する などして警告した。第11管区海上保安本部(沖縄県那覇市)は、漁船団 は午前11時21分ごろまでに、巡視船は11時43分ごろまでに領海を退去し たと発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。