NY原油先物時間外:反発-6日で5回目の下落から

ニューヨーク原油先物相場は25日の 時間外取引で6営業日で5回目の下落から反発。

原油先物相場は一時、0.5%上昇。前日の通常取引は1%下落。100 日移動平均線とボリンジャーバンドの下側のバンドに沿ったテクニカル な下値支持線を引け値で割り込まなかったことから上昇に転じた。米エ ネルギー省が26日に発表する先週の原油在庫は、ブルームバーグ・ニュ ースの調査だと200万バレルの増加が予想されている。3週連続の増加 となれば、5月以降では最長。米石油協会(API)の先週の原油在庫 は25日に発表される。

商品市場に関するシドニーのニュースレター、バラッツ・ブレティ ンのジョナサン・バラット最高経営責任者(CEO)は「市場は動きづ らくなっている。レンジの下限にあるが、買い持ちにはしたくない」と 述べた。

原油先物11月限は一時、45セント高の1バレル当たり92.38ドルを 付けた。シンガポール時間午前9時51分(日本時間同10時51分)現 在、92.21ドルで推移している。前日の通常取引は96セント安の91.93ド ルで引けた。終値としては20日以来の安値。年初来の下落率は6.7%。

原題:Oil Rebounds After Fifth Loss in Six Days; Supply Seen Rising(抜粋)

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

堀江広美 +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net;

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE