フォックスコン:従業員の争いが発生した中国工場の操業再開

台湾系の富士康科技集団(フォック スコン)は25日、中国・山西省太原の工場の操業を再開した。同工場で は約2000人の従業員の間で争いが発生し40人が入院したが、生産への影 響は限定的にとどまるとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。