円一段高、対ドル77円後半で1週間ぶり高値ー世界景気に懸念

東京外国為替市場では、午後の取引 で円が一段高となり、対ドルでは1ドル=77円台後半で、約1週間ぶり の高値を更新した。欧州を中心とした世界景気の減速懸念を背景に、リ スク回避に伴う円買い圧力が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。