日本株は反発、その他製品や不動産、建設高い-配当権利取り下支え

東京株式相場は反発。アナリスト の間で強気のセクター判断を確認する動きがあった不動産、建設株が 高く、その他製品や金属製品、銀行株も堅調だった。世界的な金融緩 和による過剰流動性相場への期待感が底流にあるほか、きょうは上期 末の権利付き最終売買日で、配当取りの動きも下支え役を果たした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。