「iPhone5」の販売予想下回る-最初の週末で500万台超

米アップルが発売したスマートフォ ン(多機能携帯電話)の新機種「iPhone(アイフォーン)5」の 発売後最初の週末までの販売台数は、一部のアナリスト予想を下回っ た。供給上の制約で出荷が遅れたことが影響した。

アップルの24日の発表によると、アイフォーン5の販売台数は発売 開始から3日間で500万台を超え、前機種「4S」の記録を塗り替えて 過去最高となった。アップルは初回供給分を上回る需要があったと説 明。この点について同社は先週の段階で、オンライン先行予約の一部で 出荷予定がずれ込んでいるとしていた。

アップルの株価は前週末比1.3%安の690.79ドルで終了。同社はア イフォーン5をてこに競合する韓国のサムスン電子など米グーグルの基 本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載する端末メーカーを追撃する 狙いだが、市場では供給不足が障害になる恐れがあるとの懸念が広がっ た。アイフォーンは同社の総利益の約3分の2を占める。

トピカ・キャピタル・マーケッツのアナリスト、ブライアン・ホワ イト氏はブルームバーグとのインタビューで、「販売台数は事前の期待 を下回った」と述べ、「これは需要の問題というよりも供給側に原因が あるようだ」と指摘した。同氏は未出荷のネット購入分を除いたベース で週末の販売台数を600万-650万台と予想していた。

ネット受注分含まず

ISIグループのアナリスト、ブライアン・マーシャル氏は24日付 の顧客向けリポートで、アップルはネット経由の受注台数を出荷される まで報告しないため、実際に販売されたアイフォーンの台数とアナリス ト予想の差はそれほど大きくないかもしれないと分析。同社の数字には 携帯電話サービス会社と小売店、アップルストアでの販売と、顧客が商 品を受け取ったオンライン受注分が含まれていると説明した。

同氏は「輸送中の商品が現時点で数百万台ある可能性がある」と述 べ、これを踏まえて600万-800万台の販売を予想していた。

アップルの広報担当者、トゥルーディ・ムラー氏は、会社の発表以 外に関してコメントを控えた。

パイパー・ジャフレーのアナリスト、ジーン・マンスター氏は調査 リポートで、アップルが未出荷のオンライン受注分も含め全てを販売に 計上した場合、発売後最初の週末までの販売台数は600万-1000万台に 上る可能性があると予想していた。

市場予想は高過ぎ

アップルの17日の発表によれば、同社のオンラインストアでの先行 予約は1日で200万件を超えた。24日の発表文では、「先行予約分の大 半は顧客宛てに出荷されたが、出荷の多くは10月を予定している」と説 明した。

米スターン・アギー・アンド・リーチのアナリスト、ショー・ウー 氏は24日の調査リポートで、アイフォーン5の新しいスクリーン技術に 必要なパーツを含めた部品不足が受注残を引き起こしたと分析。こうし た制約がなければ、アップルはさらに最大で200万台販売することがで きただろうとの見方を示した。

ウー氏はさらに、この供給面での課題を踏まえると、予想の多くは 高過ぎたと指摘。工場から商品が出荷された時点で受注分を計上すると 仮定したベースで、400万-500万台の販売を同氏は予想していた。

原題:Apple IPhone 5 Misses Estimates as More Than 5 Million Sold (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE