野村:日本除くアジアのグローバルファイナンス・チーム再編

野村ホールディングスはアジア(日 本除く)のグローバルファイナンス・チームを再編することが社内文書 で明らかになった。

ブルームバーグ・ニュースが入手した社内文書によると、投資銀 行・債券部門は2つの主なグループに再編される。デットオリジネーシ ョン・グループは債券資本市場、プライベートプレースメント、レバレ ッジドファイナンス、プライベートファイナンスを含む。もう1つはリ スクソリューション・グループになるという。

就任から2カ月足らずの野村の永井浩二最高経営責任者(CEO) は、経費を10億ドル(約780億円)削減してアジアをグローバル事業の 中心に位置づける方針を表明し、再編を進めている。野村が先週、欧 州・中東・アフリカ投資銀行部門で30%程度の人員削減に着手したと事 情に詳しい関係者が明らかにしていた。野村の今月の説明によると、直 近の経費節減の約45%が欧州、21%が米州、34%がアジアと日本で行 う。

野村のシンガポール在勤広報担当、ジョナサン・ウィリアムズ氏 は25日の電話取材に応じ、文書の内容を肯定した。

野村の文書によれば、アジア部門の再編に伴い日本を除くアジアの デットシンジケート・オリジネーション責任者のマーク・リーヒー氏が 退社する。シンガポール在勤の同氏の携帯電話に24日連絡したところ、 今週末をもって野村を去ることを認めた。

同地域のデットオリジネーション責任者にはジャマル・アタミミ氏 が就任する。クレートン・キャロル氏は域内の債券資本市場責任者に指 名され、アタミミ氏の下に配属される。また、クリス・チャン氏はリス クソリューションおよびトレジャリーサービスの責任者になる。アンド ルー・マクゴニガル氏はオーストラリアのデットオリジネーションとソ リューションの責任者に指名されている。アタミミ氏とチャン氏、マク ゴニガル氏はいずれも日本を除くアジアのグローバルファイナンス責任 者ダニエル・ママドゥ氏の部下となる。

一方、野村の24日の電子メールによると、同社はアジア・ノンデリ バラブル・フォワード(NDF)のグローバル責任者兼アジア(日本除 く)の外国為替現物取引の責任者として、スチュアート・オークリー氏 を英ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)か ら採用した。

オークリー氏はシンガポール在勤となり、グローバルでは外為部門 グローバル責任者のジェイ・ラジパル氏、地域ではアジア(日本除く) の債券責任者のリグ・カーカニス氏の直属の部下となる。オークリー氏 はRBSでアジア新興市場外為トレーディングのシンガポール在勤責任 者を務めていた。

原題:Nomura Reorganizing Global Finance Units in Asia ex-Japan (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE