超長期債が上昇、売られ過ぎの反動で買い-先物144円台で高値警戒感

債券市場では超長期債相場が上昇。 これまで売られ過ぎた反動で買いが膨らんだとの指摘があった。半面、 先物は朝方に約3週間ぶりに144円台に乗せた後、高値警戒感からの売 りに押された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。