【クレジット市場】「眠れる巨人」参入で地銀の収益性に懸念も

ゆうちょ銀行が住宅ローンなど融資 業務の拡大に向け動き出した。貸し出しの原資となる預金額は約177兆 円と国内最大。全国に幅広い拠点網を持つ巨大銀行がローン市場に本格 参入すれば、貸し出し競争により利ざやが縮小し、地方銀行などの収益 性をさらに圧迫するとの懸念が出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。