ブラジル株:ボベスパは上昇-ガフィーザなど住宅建設株に買い

24日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が上昇。エコノミストらが今年の国内インフレ率予想を 下方修正したことから、ガフィーザやBRプロパティーズを中心に住宅 建設株が買われた。

ガフィーザは3.5%、BRプロパティーズは3.9%それぞれ値上が り。時価総額で中南米最大の銀行、イタウ・ウニバンコ・ホールディン グは0.3%高。カード決済処理会社レデカードに対する株式公開買い付 け(TOB)が完了したことが手掛かり。一方、レデカードと同業のシ エロは3.4%下落。グルーポ・BTG・パクチュアルが投資判断を「バ イ」から「ホールド」相当に引き下げたことが嫌気された。

ボベスパ指数は前週末比1%高の61909.99で終了。指数構成銘柄の うち上昇が51銘柄、下落は18銘柄。通貨レアルはサンパウロ時間午後5 時58分(日本時間25日午前5時58分)現在、0.1%安の1ドル=2.0256 レアル。

SLWコレトラのチーフストラテジスト、ペドロ・ガルディ氏は電 話取材に対し、「欧州債務危機がいつ収束するのか疑問の声はまだ大き いものの、ブラジルのインフレ率が低下し、経済が回復することを投資 家は楽観視しているようだ」と指摘。「ボベスパ指数の基調は上向き だ」と述べた。

ブラジル中央銀行がアナリスト約100人を対象に実施し、24日に結 果を公表した調査によれば、2012年の消費者物価上昇率の予想中央値 は5.59%と、前回調査の5.62%を下回った。

原題:Bovespa Advances as Gafisa Leads Brazilian Homebuilders’ Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE