米国株:S&P500種が3日続落、欧州首脳の足並みに乱れ

更新日時

24日の米国株式市場ではS&P500 種株価指数が3営業日続落。過去7週間で最長の連続安となった。欧州 首脳の間で域内債務危機を収束させる方策をめぐり意見が対立している ほか、中国やドイツで発表された統計で減速の深刻化が示されたことが 背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。