IMF専務理事:債務削減に大いに努力している国には猶予を

国際通貨基金(IMF)のラガルド 専務理事は24日、債務削減へ「大いに努力」している国には時間と柔軟 性を与えるべきだとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。