NY金:7週間ぶり大幅安-ドル上昇で代替投資需要が後退

ニューヨーク金先物相場は反落。約 7週間ぶりの大幅安となった。ドル相場が上昇し、代替投資としての需 要が弱まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。