IMFのリスク高まる,危機発生以来の融資基準緩和で-独連銀

ドイツ連邦銀行(中央銀行)は、国 際通貨基金(IMF)が金融危機の発生以来、融資基準を緩めてより多 くのリスクを抱え込んだとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。