スペインとイタリア,努力報われぬ可能性も-OECD事務総長

イタリアとスペインが実施中の経済 改革を投資家は十分に評価せず、この結果として高水準に達した借り入 れコストが両国に支援要請を迫る可能性があると、経済協力開発機構 (OECD)のグリア事務総長が指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。