香港株(終了):下落、欧州危機や中国減速懸念-チャルコ安い

香港株式相場は下落。中国経済の減 速懸念や、欧州首脳の債務危機をめぐる協議がこう着状態にあることが 嫌気された。

中国でアルミニウム生産最大手の中国アルミ(チャルコ、2600 HK)は1.2%安。モンゴリアン・マイニング(975 HK)や中国最大の海 洋油田会社、中国海洋石油(CNOOC、883 HK)も下げた。スイスの 資源会社エクストラータへの買収提案を行っている商品取引のグレンコ ア・インターナショナル(805 HK)は3.3%安。エクストラータがグレ ンコアの買収提案への回答を遅らせたことが嫌気された。

一方、売り上げの半分以上を中国が占める香港の不動産開発会社、 新世界発展(ニューワールド・デベロップメント、17 HK)は1.1%高。 中国本土の不動産市場が回復する見通しだと第一財経日報が報道したこ とが好感された。

ハンセン指数は前週末比40.24ポイント(0.2%)安の20694.70で終 了。一時は0.2%上昇する場面もあった。ハンセン中国企業株(H株) 指数は0.4%安の9767.49で引けた。

第一上海証券のチーフストラテジスト、ライナス・イップ氏(香港 在勤)は、「短期的には一部で利益確定売りが出る可能性がある」と指 摘。「欧州債務危機と中国の景気減速は、国際的な投資家の間では引き 続き大きな懸念材料となっている。インフレ復活の様相があるため、中 国の中央銀行は一段の金融緩和にかなり慎重だ」と述べた。

原題:Most Hong Kong Stocks Drop on Europe Debt, China Growth Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE