交流協会の今井理事長が25日に台湾訪問-尖閣問題について説明へ

台湾との窓口である交流協会の今井 正理事長が25日、日本政府による尖閣諸島(台湾名・釣魚台)の国有化 について説明するため、台湾を訪れる。台湾外交部が24日、ウェブサイ トに掲載した声明で明らかにした。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 角田正美 Masami Kakuta +81-3-3201-3157 mkakuta@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE