トヨタ:ハイブリッド車21モデル投入へ-15年までの環境技術開発計画

トヨタ自動車はハイブリッド車(H V)の21モデルの投入や、走行距離の長い新型電気自動車(EV)の 開発などを盛り込んだ2015年までの環境技術開発画を発表した。省エ ネルギーや燃料多様化を基本方針としている。

12年に100万台の突破を見込んでいるHVの世界販売は、13-15 年も年100万台以上を計画。最も厳しい排ガス規制の一つ、欧州「E URO6」対応のディーゼルエンジン車も15年以降に市場投入する。 ガソリンエンジン車は15年までに10-20%の燃費向上を目指す。

EVは1回の充電で100キロメートルを走行できるコンパクト 「eQ」を開発し、12月以降に日米で自治体や特定利用者向けに導入 を開始する。1キロ走行に必要な電力量を示す電費は104Wh/km と世界最高となる。価格は360万円。販売は年間100台程度を想定し ている。

プラグインHV(PHV)は、グレードの追加などで商品力を強 化する。15年ごろから市場に導入予定の燃料電池自動車(FCV)は 大幅に性能を向上させ、小型・軽量化も進めている。20年代と考えら れるFCVの本格普及期には年間数万台規模で市場導入の見通し。日 野自動車と共同開発を進めている新型FCバスは16年の市場導入を 目指している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE