債券上昇か、米株安・債券高で買い先行-世界経済の減速懸念

債券相場は上昇。先物の中心限月 が144円の大台に接近したほか、長期金利が節目の0.8%を割り込んだ。 世界経済の減速懸念を背景に、前週末の米国市場で株安・債券高となっ た流れを引き継ぎ、円債市場は買いが優勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。