教職員共済:リスク資産1000億円投資、JリートやヘッジFで初の運用

教職員向けに年金や生命保険を手掛 ける教職員共済生活協同組合(教職員共済)は、今年度からリスク資産 での運用を開始する方針だ。国内外の株式などにとどまらず、新たに日 本版不動産投資信託(Jリート)やヘッジファンドへの投資も手掛け る。従来の安定運用に加えて、不動産商品やヘッジファンドにも分散投 資することで運用収益の確保を目指す。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。