クーレECB理事:追加利下げの必要性、明確なわけではない

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理 事は23日、政策当局者は追加利下げを実施しない可能性があるとの認識 を示した。ユーロ圏の経済見通しへの信頼が改善しておりインフレも高 水準であることを理由に挙げた。

クーレ理事は会議に出席したヨルダン川西岸の都市ラマラで記者団 に対し、「追加利下げすべきかどうかという判断は現時点で未定だ」と し、「経済指標やインフレ動向を考慮すると、追加利下げの必要性が絶 対に明確なわけではない。ご承知のように、最終的なインフレ動向がわ れわれにとって最重要事項だ」と述べた。

ECBは、債務危機がユーロ圏をリセッション(景気後退)に追い 込む恐れがあるにもかかわらず、今年と来年のインフレ見通しを今月引 き上げている。

クーレ理事は「ユーロ圏経済は間違いなく弱い」とし、「2012年 と13年の成長は非常に弱いだろう」と発言。その上で、ユーロ圏はどの ように信頼され、また認識されるかという点で危機を脱し、最終的に 「成長を回復するための」条件が今や整っていると付け加えた。

下限政策金利である中銀預金金利については、0%未満にすること は「理論的には」可能だが、実現可能ではないかもしれないと指摘し た。「預金金利の一段の引き下げがさまざまな市場セグメントにどのよ うに波及するかについて、また短期金融市場の機能がマイナス金利と両 立するかについて詳細な分析が必要だ」とし、「全ての市場セグメント がマイナス金利と適切に機能できるかは明確ではない。従って、預金金 利の一層の引き下げに関する効果は恐らく限定的だろう」と語った。

原題:Coeure Says Need of Further ECB Interest-Rate Cut ‘Not Obvious’(抜粋)

--取材協力:Fadwa Hodali.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE