米メットライフ、預金売却取引を修正-FDICの承認不要に

銀行業からの撤退を目指している米 生命保険会社メットライフは、預金約70億ドル(約5500億円)相当を米 ゼネラル・エレクトリック(GE)に売却する取引を修正した。これに より、連邦預金保険公社(FDIC)による承認が不要となる。

21日の届け出によれば、修正後の取引は米通貨監督庁(OCC)の 認可対象となる。預金の引き受け先をGEキャピタル銀行からGEキャ ピタル・リテール銀行に変更したため、という。

メットライフ広報のクリストファー・ブレスリン氏は、取引完了後 に銀行持ち株会社としての登録抹消が可能になると説明。預金売却の完 了時期などについてはコメントを控えた。OCCのブライアン・ハバー ド報道官にもコメントを求めたが、現在のところ返答はない。

--取材協力:Jesse Hamilton、Tim Catts.

Dan Kraut +1-212-617-2432 dkraut2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE