9月21日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ユーロが上昇、スペイン救済策観測で

21日のニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルと対円で上 昇。イタリアとスペインの首脳が域内金融市場の安定化への取り組み継 続で合意したことが手掛かりだった。

ユーロは一時、スペインと欧州連合(EU)の当局者が欧州中央銀 行(ECB)による国債購入策を発動する計画を協議しているとの観測 を背景に上昇した。主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所 (ICE)のドル指数は低下。アトランタ連銀のロックハート総裁が追 加緩和を講じる可能性を示したことが材料視された。カナダ・ドルは上 昇。株価の上昇や同国最大の輸出品である原油の上昇が影響した。

BNPパリバの為替ストラテジスト、メアリー・ニコラ氏(ニュー ヨーク在勤)は「われわれはスペインがいずれ支援を要請すると予想し ている。しかし、それまでやや時間がかかるだろう」と述べ、「ドルは 一段と下げる可能性があるとみている」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.1%上昇して 1ユーロ=1.2980ドル。週間ベースでは1.1%下げた。ユーロは対円で ほぼ変わらずの1ユーロ=101円46銭。円は対ドルで0.1%高の1ドル =78円17銭。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ユーロは過去1週間で0.8%下落。ドルは0.5%上昇、円 は0.8%上げた。

ユーロ圏金融市場状態指数

ブルームバーグのユーロ圏金融市場状態指数によると、欧州金融市 場への圧力は2007年7月以降で最も緩和した状態となった。同指数は今 週、2007年以来初めてゼロに上昇した。過去1年間の平均値はマイナ ス2.8となっている。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの市場アナリ スト、ジョー・マニンボ氏(ワシントン在勤)は、「対ドルでのユーロ 相場はスペインの財政立て直しへの信頼感を示すバロメーターだ」と述 べ、「ユーロの上昇はスペインの近い将来に対する不安が弱まっている ことを意味する」と続けた。

イタリア首相府が発表した声明によると、イタリアのモンティ首相 とスペインのラホイ首相は欧州各国政府が「経済・通貨同盟の完全な達 成に向けて前進し、成長と雇用創出のための条件を整えることが必要 だ」と表明した。声明発表前、両首脳はローマで会談した。

ドル指数

ドル指数はほぼ変わらずの79.387。一時は0.5%低下する場面もあ った。ロックハート総裁は米雇用市場に改善がみられない場合、金融当 局は現行の住宅ローン担保証券(MBS)購入措置にとどまらず、緩和 政策を拡大する可能性があるとの認識を示した。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は13日、緩和政策を拡大し、政 府支援機関の住宅ローン担保証券を月額400億ドルのペース購入するこ とを決定。声明で「必要に応じて他の政策手段を導入する」と表明し た。

カナダ・ドルは対米ドルでほぼ変わらず。一時は0.4%高まで上昇 した。同国の8月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で1.2%上 昇。前月は1.3%上昇だった。変動の大きい8項目を除くコア指数 は1.6%上昇、前月は1.7%上昇だった。ブルームバーグがまとめたエコ ノミスト予想では総合指数が1.3%の横ばい、コア指数は1.5%上昇だっ た。

原題:Euro Strengthens Amid Spanish Bailout Speculation; Dollar Falls(抜粋)

◎米国株:小幅安、アップル株が日中の上げ失う-銀行安い

米株式相場は小幅安。S&P500種株価指数は日中の上げを失 い、過去5日間で4日目の下落となった。アップルの株価が上げ幅 を縮小したほか、銀行株の売りが膨らんだ。

アップルは一時、前日比0.9%高となったが、0.2%高で終えた。こ の日発売した新型スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone (アイフォーン)5」の販売台数が週末中に1000万台を超えるとみられ ている。

素材や生活必需品関連、銀行株の下落がS&P500種を押し下げ た。アルミ生産のアルコアや清涼飲料メーカー大手コカ・コーラ、米銀 バンク・オブ・アメリカ(BOA)の下げが目立つ。加リサーチ・イ ン・モーション(RIM)は大幅安。同社が製造・販売するスマートフ ォン「ブラックベリー」が欧州でサービス障害を来したことが嫌気され た。

リッジワース・キャピタル・マネジメントのシニアストラテジス ト、アラン・ゲイル氏は「市場では一服感が出ている」とし、「好調な 上げが見られた後で、材料が減っている間に投資家は保有株の調整に動 いている」と指摘した。

S&P500種は前日比0.1%未満下げて1460.15。ダウ工業株30種平 均は17.46ドル(0.1%)安の13579.47ドル。この日は株価指数の先物や オプションの期限が重なるクアドルプル・ウィッチングだったほか、 S&P500種指数銘柄の四半期に一度のリバランスの日だったことも相 場に影響した。米証券取引所全体の出来高は約84億株と、3カ月平均 を37%上回った。

スペイン救済観測

S&P500種は週間ベースで0.4%下落。経済統計で世界的な景気減 速が示唆されたことが背景にある。ただ年初からの上昇率は16%に達 し、米国や欧州の金融当局が緩和策の拡大に動いたことを受け、同指数 は先週、2007年12月以来の高水準で取引を終えた。S&P500種の採用 銘柄企業の株価収益率(PER)は14.9倍と、1954年以降の平均である 約16.3倍を下回っている。

ヘイバーフォード・トラストのハンク・スミス最高投資責任者 (CIO)は電話インタビューで、「今週の相場は明らかに、これまで 数週間の上げを消化する動きだった」と語った。

朝方は買いが先行した。スペインのデギンドス経済・競争力相と EU当局が9月27日に提示する新たな救済プログラムについて協議して いるとの英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の報道が手掛かり。 FTは協議に関与する匿名の当局者の話として伝えた。

ファースト・シチズンズ・バンクシェアーズのエリック・ティール 最高投資責任者(CIO)は、「特にスペインをめぐる懸念が幾分か後 退する可能性があるが、依然として欧州の多くの地域でリセッション (景気後退)が深刻化する恐れが高まっている」と指摘した。

アイフォーン5

アップルは0.2%上昇。アイフォーン5はシドニーやニューヨーク など各地の店舗前に行列ができるほどの人気となっており、生産が需要 に追い付かなくなる可能性がある。ドイツ銀行は同社の株価目標を従来 の775ドルから850ドルに引き上げた。

アイフォーンを扱う携帯電話サービス会社の株はつれ高となり、米 携帯電話サービス3位のスプリント・ネクステルは3.9%上昇。同2位 のAT&Tは0.4%高。業界首位のベライゾン・コミュニケーションズ も0.3%上げた。

一方、RIMは6.5%下落。英携帯通信サービスのボーダフォン・ グループによると、欧州と中東・アフリカでブラックベリーの一部ユー ザーが電子メールやインターネットにアクセスできなくなった。通信障 害についてはこの日の朝方に発表されていたが、RIMはその後に問題 は解決したとの声明を電子メールで配布した。

BOAは0.9%安。コカ・コーラは1.6%、アルコアは1.3%それぞ れ下落した。

原題:S&P 500 Erases Gains as Apple Rally Fades, Bank Shares Decline(抜粋)

◎米国債:週間ベースで今月初の上昇-追加緩和効果に疑問

米国債相場は連邦公開市場委員会(FOMC)が追加緩和策を発表 して以降の下げから、ほぼ戻した格好。世界経済の減速で、当局が目指 す失業率の低下が厳しくなるとの見方が広がった。

10年債利回りは今週11ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 低下し、FOMCによる追加緩和策発表の直前の水準となった。この日 の相場はもみ合う展開。欧州が債務危機の対応で前進しているとの観測 から、逃避先としての米国債の妙味が低下した。

ユナイテッド・ネーションズ・フェデラル・クレジット・ユニオン (ニューヨーク)の最高投資責任者(CIO)として20億ドルの運用に 携わるクリストファー・サリバン氏は、「大量の売りが出たが、依然と して世界経済は減速し、欧州問題も続いているという現実に市場は再び 気づき、買い戻しの動きが出ている」と分析した。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前日比1ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)低下の1.75%。一時3bp上げる場面があった。前日 は1.72%と、13日以来の低水準を付ける場面があった。同年債(表面利 率1.625%、2022年8月償還)価格はこの日3/32上げて98 27/32。

10年債利回りはFOMCによる追加緩和発表の前日となる12日に は1.76%だった。発表後の14日には1.89%と4カ月ぶり高水準に上昇し た。

30年債利回りは今週15bp低下。この日は前日比ほぼ変わらず の2.94%。一時は4bp上げた。

移動平均

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ヘッジファ ンドなどの大口投資家の間では9月18日までの1週間で、30年債先物の ポジションがネットロング(買い越し)からネットショート(売り越 し)に反転した。シカゴ商品取引所でショートポジションはロングポジ ションを72枚上回った。前週は2万88枚のネットロングだった。

30年債利回りはこの日、200日移動平均となる2.94%で推移。前日 は一時はこの水準を割り込む場面もあった。

今週発表された経済指標を見ると、ニューヨーク連銀管轄地区の9 月の製造業景況指数が09年4月以来の低水準に落ち込んだほか、中国と ユーロ圏の指標でも製造業の活動縮小が示された。また9月の米フィラ デルフィア連銀管轄区の製造業活動は5カ月連続で縮小した。こうした 中、米国債は週間ベースで今月初の上昇となった。

インフレ予想

10年債と同年物インフレ連動債(TIPS)との利回り格差(ブレ ークイーブンレート)は今週、過去1年で最大の縮小となった。 FOMCの追加緩和策が消費者物価の上昇につながるとの見方が後退し たことが背景にある。

ブレークイーブンレートは週間で15bp縮小し2.50ポイント。この 縮小幅は11年9月23日以来で最大となる。17日には2.73ポイントと、06 年5月以来で最大となった。

ボラティリティは5月以来の低水準付近となった。ボラティリティ の指標とされるメリル・オプション・ボラティリティ・エスティメート (MOVE)指数は59.6bpで終了。19日には57.5bpと少なくとも5 月7日以来の低水準を付けた。年初来の最高は6月15日に付けた95.4b p。過去10年間の平均は100.3bp。

原題:Treasuries Regain Most of Losses That Followed New Fed Stimulus(抜粋)

◎NY金:5週連続高、金融緩和で価値保存としての需要強まる

ニューヨーク金先物相場は週間ベースで5週連続高。2月以降で 最長の上昇局面となった。主要中央銀行による金融緩和で価値保存と しての金需要が強まった。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は先週、量的緩和第3弾を発 表。欧州と日本の中銀も追加緩和を打ち出した。穀物などの商品市場は 先月、強気相場入りし、消費者物価が上昇するとの懸念が広がった。バ ンク・オブ・アメリカやドイツ銀行のアナリストは金相場が来年、最高 値を更新すると予想している。

アトヤント・キャピタル(フロリダ州マイアミ)の運用担当者、プ ラティク・シャーマ氏は電話インタビューで、「当局が景気浮揚で金融 システムに多くの流動性を注入せざるを得なくなっていることが明白な ため、金市場に資金が流れ込んでいる。インフレ懸念が再び忍び寄って いる」と話した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.4%高の1オンス=1778ドルで終了した。一時は1790ド ルと2月29日以来の高値まで上昇した。週間ベースでは0.3%高。過去 最高値は2011年9月6日につけた1923.70ドル。

原題:Gold Posts Longest Weekly Rally Since February on Stimulus Plans(抜粋)

◎NY原油:上昇、中銀の緩和効果を楽観-週間ではマイナス

ニューヨーク原油相場は上昇。中央銀行による景気刺激で世界経済 が持ち直すとの楽観が強まった。週間ベースでは下げ、約3カ月ぶりの 大幅安だった。

スペイン救済計画が近く発表されるとの報道を材料に株価が上昇。 原油先物もこれにつれ高した格好。今月は欧州中央銀行(ECB)と連 邦公開市場委員会(FOMC)が景気浮揚を目的とした追加緩和を発 表。原油先物は14日の取り引き中に1バレル=100.42ドルまで上昇し た。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード)の アナリスト兼ブローカー、ジーン・マクギリアン氏は「100ドル水準に 押し上げた勢いはまだ市場で失われていない」と指摘。「これまで投入 された刺激は大量だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物11月限は前日 比0.47ドル(0.51%)高の1バレル92.89ドルで終了。10月限は前日、 最終取引を迎え、91.87ドルで引けた。期近限月で比較すると今週全体 では6.2%安。6月1日以来で最大の値下がりとなった。

原題:Oil Rises as Central Bank Stimulus Optimism Trims Weekly Decline(抜粋)

◎欧州株:上昇、スペイン救済要請近いとの観測で-エラン高い

21日の欧州株式相場は上昇。1週間ぶり高水準を付けた。欧州連合 (EU)当局が来週にもスペイン向け経済改革プログラムを公表し、同 国の救済要請に道を開くとの観測が広がった。

デンマークの医薬品メーカー、ノボ・ノルディスクは1.3%高。 UBSが同社の投資判断を「買い」に引き上げた。携帯電話サービス世 界2位の英ボーダフォン・グループは2%上昇。英銀バークレイズが同 社の株価目標を上方修正したことが好感された。新たに最高執行責任者 (COO)を指名したアイルランドの製薬大手エランも2%上昇した。

ストックス欧州600指数は前日比0.5%高の275.78で終了。14日以来 の高値で引けた。欧州や米国の金融当局が景気の押し上げを図る追加緩 和に踏み切ったことを背景に、同指数は6月4日に付けた年初来安値か らこれまでに18%反発している。

ノッツ・ストゥッキ(ジュネーブ)のファンドマネジャー、ピエー ル・ムートン氏は「スペインの民間企業や銀行、州政府など経済を担う あらゆる主体が多額の債務を抱えていることを考慮すれば、同国への対 応は最重要だ」と指摘。「市場では救済観測が広がっているが、スペイ ン当局は依然として、救済要請に動くつもりはないとの考えを公にして いる。国債スプレッドが再び拡大すれば、救済への動きが早まるだろ う」と述べた。

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が協議に関与する当局者の 話を匿名で伝えたところによると、スペインのデギンドス経済・競争力 相とEU当局は、9月27日に提示する新たな救済プログラムについて協 議している。計画の重点は新税や歳出削減ではなくEUが長く求めてい た構造的措置になるという。

この日の西欧市場では、18カ国中13カ国で主要株価指数が上昇し た。

◎欧州債:ドイツ10年債反落、スペイン救済期待-英国債も下落

21日の欧州債市場では、ドイツ 10年債が反落。ユーロ圏当局者が 来週にもスペイン向けの金融支援プログラムを明らかにするとの報道が 手掛かりとなった。ただ週間ベースでは、独10年債はほぼ1カ月ぶりの 大幅上昇。

イタリア10年債も下落。イタリア財務省高官のジャンフランコ・ポ リロ氏は、国債利回りが急上昇して債券発行市場から締め出されない限 り、同国は救済を要請しないと述べた。一方、スペインのデギンドス経 済・競争力相は欧州連合(EU)当局者と、今月27日に提示されるプロ グラムに盛り込む措置を協議していると英紙フィナンシャル・タイムズ (FT)が伝えた。

インベステック銀行(ロンドン)のアナリスト、ブライアン・バリ ー氏は「EU当局者とスペインが実は協議中だとのニュースがリスクテ ーク意欲の改善につながった」と指摘。「昨晩に周辺国から伝わったプ ラスのニュースは、安全資産を徐々に減らそうとの動きにつながった」 と付け加えた。

ロンドン時間午後4時33分現在、ドイツ10年債利回りは前日比2ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.6%。前週末比で は11bp低下と、8月24日終了週以来で最も下げた。同国債(表面利 率1.5%、2022年9月償還)価格はこの日、0.195下げ99.13。

FTによると、スペイン向けプログラムの重点は新税や歳出削減で はなく、EUが長く求めていた構造的措置となるが、EUの行政執行機 関である欧州委員会は、現行の財政目標達成に向けて追加の緊縮策をな お要求する可能性があるという。

スペイン10年債の利回りはほぼ変わらずの5.77%。前日は入札を受 けて相場が下落し、利回りは8bp上昇していた。イタリア10年債利回 りはこの日、6bp上げて5.05%。今週全体では3bp上昇した。

一方、ギリシャ10年債相場は上昇。利回りは3月29日以来初め て20%を下回った。前日比では58bp低下の19.96%。

安全資産需要の減退で、英国債は下落。10年債は5日ぶりに値下が りした。利回りは4bp上昇の1.84%。同国債(表面利率1.75%、2022 年9月償還)価格は0.345下げて99.23。利回りは前週末比では13bpの 低下だった。

原題:German 10-Year Bunds Pare Weekly Gain on Spain Bailout Reports(抜粋) 原題:Pound Rises to One-Year High on Bets U.K. Economy Will Improve(抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE