米国株(21日):小幅安、アップル株が日中の上げ失う

米株式相場は小幅安。S&P500種 株価指数は日中の上げを失い、過去5日間で4日目の下落となった。ア ップルの株価が上げ幅を縮小したほか、銀行株の売りが膨らんだ。

アップルは一時、前日比0.9%高となったが、0.2%高で終えた。こ の日発売した新型スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone (アイフォーン)5」の販売台数が週末中に1000万台を超えるとみられ ている。

素材や生活必需品関連、銀行株の下落がS&P500種を押し下げ た。アルミ生産のアルコアや清涼飲料メーカー大手コカ・コーラ、米銀 バンク・オブ・アメリカ(BOA)の下げが目立つ。加リサーチ・イ ン・モーション(RIM)は大幅安。同社が製造・販売するスマートフ ォン「ブラックベリー」が欧州でサービス障害を来したことが嫌気され た。

リッジワース・キャピタル・マネジメントのシニアストラテジス ト、アラン・ゲイル氏は「市場では一服感が出ている」とし、「好調な 上げが見られた後で、材料が減っている間に投資家は保有株の調整に動 いている」と指摘した。

S&P500種は前日比0.1%未満下げて1460.15。ダウ工業株30種平 均は17.46ドル(0.1%)安の13579.47ドル。この日は株価指数の先物や オプションの期限が重なるクアドルプル・ウィッチングだったほか、 S&P500種指数銘柄の四半期に一度のリバランスの日だったことも相 場に影響した。米証券取引所全体の出来高は約84億株と、3カ月平均 を37%上回った。

スペイン救済観測

S&P500種は週間ベースで0.4%下落。経済統計で世界的な景気減 速が示唆されたことが背景にある。ただ年初からの上昇率は16%に達 し、米国や欧州の金融当局が緩和策の拡大に動いたことを受け、同指数 は先週、2007年12月以来の高水準で取引を終えた。S&P500種の採用 銘柄企業の株価収益率(PER)は14.9倍と、1954年以降の平均である 約16.3倍を下回っている。

ヘイバーフォード・トラストのハンク・スミス最高投資責任者 (CIO)は電話インタビューで、「今週の相場は明らかに、これまで 数週間の上げを消化する動きだった」と語った。

朝方は買いが先行した。スペインのデギンドス経済・競争力相と EU当局が9月27日に提示する新たな救済プログラムについて協議して いるとの英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の報道が手掛かり。 FTは協議に関与する匿名の当局者の話として伝えた。

ファースト・シチズンズ・バンクシェアーズのエリック・ティール 最高投資責任者(CIO)は、「特にスペインをめぐる懸念が幾分か後 退する可能性があるが、依然として欧州の多くの地域でリセッション (景気後退)が深刻化する恐れが高まっている」と指摘した。

アイフォーン5

アップルは0.2%上昇。アイフォーン5はシドニーやニューヨーク など各地の店舗前に行列ができるほどの人気となっており、生産が需要 に追い付かなくなる可能性がある。ドイツ銀行は同社の株価目標を従来 の775ドルから850ドルに引き上げた。

アイフォーンを扱う携帯電話サービス会社の株はつれ高となり、米 携帯電話サービス3位のスプリント・ネクステルは3.9%上昇。同2位 のAT&Tは0.4%高。業界首位のベライゾン・コミュニケーションズ も0.3%上げた。

一方、RIMは6.5%下落。英携帯通信サービスのボーダフォン・ グループによると、欧州と中東・アフリカでブラックベリーの一部ユー ザーが電子メールやインターネットにアクセスできなくなった。通信障 害についてはこの日の朝方に発表されていたが、RIMはその後に問題 は解決したとの声明を電子メールで配布した。

BOAは0.9%安。コカ・コーラは1.6%、アルコアは1.3%それぞ れ下落した。

原題:S&P 500 Erases Gains as Apple Rally Fades, Bank Shares Decline(抜粋)

--取材協力:Chua Baizhen、Ian Sayson、Claudia Carpenter、Paul Dobson、Andrew Rummer、Stephen Voss、Amanda Gould.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE