アトランタ連銀総裁:雇用改善なければ一段の緩和の必要性も

米アトランタ連銀のロックハート総 裁は21日、米雇用市場に改善がみられない場合、金融当局は現行の住宅 ローン担保証券(MBS)購入措置にとどまらず、緩和政策を拡大する 可能性があるとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。