独財務相:スペインにプログラムは不要、見解は揺るがず

ドイツのショイブレ財務相は、スペ インには銀行救済を超えるプログラムは必要ないとする自身の見解は 「揺らいでいない」と述べた。

同相は21日ベルリンで記者団に対し、スペインにさらなる救済は必 要ないとし、同国のデギンドス経済・競争力相の認識に同意すると述べ た。また銀行救済でスペインが要請した1000億ユーロ(約10兆円)につ いて、全額は必要ないだろうと述べた。

ショイブレ財務相は、スぺインが銀行救済用の資金のうち銀行向け に利用しない分を他の目的に利用できると思うのは「危険な考えだ」と 指摘。「あまり良い考えだとは思わない」とし、「プログラムは明確な 合意に基づいたものだ」と続けた。

また市場でのスペイン債の価格は、経済改革の実行におけるスペイ ンの進ちょく状況を「十分説明していない」と指摘。スペインにプログ ラムは必要なく、必要なのは改革面で政府が実施している政策を支援す ることだと主張。スペインはユーロ存続をめぐる疑念に関した「投機の 攻撃に苦しんでいる」と述べた。

原題:Schaeuble Says He’s ‘Steadfast’ Spain Doesn’t Need Program (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE