インド株(終了):アジアで最大の上げ、税制変更などを好感

21日のインド株式相場は上昇。国内 企業の海外借り入れに関する税制変更を好感しし、アジアで最も大幅な 上げとなった。議会での第3党が政府への支持を表明したことも材料視 された。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前日比403.58ポ イント(2.2%)高の18752.83と、終値ベースで2011年7月25日以来の 高値。インド最大の発電設備メーカー、バーラト重電機は09年5月以来 の大幅高となり、ICICI銀行、エンジニアリング大手ラーセン・ア ンド・トゥブロ、タタ・スチールも買いを集めた。

インド政府は国外で発行されたインド企業の社債の金利に対する源 泉徴収税率を引き下げた。資金流入を促す政策の一環。

原題:Indian Stocks Gain Most in Asia on Tax Rules, Political Outlook(抜粋)

--取材協力:Jeanette Rodrigues.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE