イタリアとスペインは支援要請しない-伊財務省高官

イタリアとスペインは国債利回りが 新たに急上昇して債券発行市場から締め出されない限り、救済を要請し ないとの見通しをイタリア財務省高官のジャンフランコ・ポリロ氏が明 らかにした。

同氏は20日遅くにローマでインタビューに応じ、「予防策として自 発的に、国際機関に『主権を放棄する』と言いに行く国はないだろう。 たとえそれが合理的だとしてもだ」と語った。「イタリアについては、 それはあり得ないし、他の国についてもそうだ」と付け加えた。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が8月2日に国債購入の方針 を明らかにして以降、イタリアとスペインの10年債利回りは低下してい る。購入には条件が伴うためイタリアのモンティ首相もスペインのラホ イ首相もドラギ総裁の示した支援策の利用を控えている。

ポリロ氏はECBのプログラムは「ある国が絶体絶命にならない限 り発動されないだろう」と述べた。

原題:Italy, Spain Won’t Seek Aid Unless Yields Surge, Official Says(抜粋)

--取材協力:Flavia Rotondi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE