【日本株週間展望】戻り一服、景気懸念や円高止まり-中国動向注視

9月第4週(24-28日)の日本株 相場は戻りが一服し、日経平均株価は8800円前後まで下落する可能性 がある。日米欧の金融緩和策が出そろい、当面の好材料が一巡する中、 世界景気の不透明感や為替水準の高止まりが重しとなりそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。