世界のアルツハイマー病患者、家族や友人の中で疎外感

認知症の中で最も一般的なアルツハ イマー病の患者と介護者が、病気のために疎外感を感じ、家族や友人な どつながりのある人々から切り離されていると感じていることが、世界 アルツハイマー病リポート2012年版で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。