台湾の友達光電に5億ドルの罰金、LCDカルテルで-米地裁

台湾2位の液晶表示装置(LCD) メーカー、友達光電(AUオプトロニクス)は、3月に有罪評決を受け たLCDパネルの価格カルテル問題で、米地裁判事から5億ドル (約392億円)の罰金支払いを命じられた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。