セントルイス連銀総裁:金融政策と失業率目標の関連付け反対

米セントルイス連銀のブラード総裁 は20日、金融政策を失業率の目標と関連させることに反対の意向を表明 した。同総裁は失業率が労働市場の健全性の指標として最も有効ではな いと考えている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。