安住財務相:補正予算の必要性「十分認識」-与野党会談で協議を

安住淳財務相は21日午前の閣議後会 見で今年度補正予算の編成について、経済の「下振れリスクがあり、輸 出産業を中心に心配な点がある。補正の必要性は十分認識している」と 述べた。その上で、野田佳彦首相が代表選後に呼び掛けている与野党会 談でタイミングについて協議すべきだと語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。