ミネアポリス連銀総裁が追加緩和を支持、利上げ必要論を転換

米ミネアポリス連銀のコチャラコタ 総裁は20日、失業率が5.5%を下回るまで金融当局は政策金利をゼロ付 近で据え置くべきだと述べ、今年か来年に利上げする必要性に言及した 5月の見解から方向転換した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。