ブラード総裁:米成長率は数年間押し下げられた可能性

米セントルイス連銀のブラード総裁 は20日、金融危機以降、消費者の債務削減で米国の経済成長率が何年も の間押し下げられた可能性があり、米金融当局が景気回復ペースを加速 させるためにできることはあまりないとの認識を明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。