米国株:S&P500種反落、世界的に統計悪化で景気減速懸念

20日の米株式市場では、S&P500 種株価指数が小幅反落。同指数は過去4日間のうち3日で下げた。中国 から日本、欧州さらに米国に至るまで軟調な経済指標が示されたことを 背景に、世界的に景気が一段と減速しているとの懸念が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。