9月20日の欧州マーケットサマリー:株は反落、英国債は続伸

欧州の為替・株式・債券・商品相場 は次の通り。表はロンドン午後6時現在。

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.2942   1.3049
ドル/円             78.35    78.38
ユーロ/円          101.39   102.28


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  274.50     -.40      -.1%
英FT100     5,854.64   -33.84     -.6%
独DAX      7,389.49    -1.27     .0%
仏CAC40    3,509.92   -21.90     -.6%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .04%        -.03
独国債10年物     1.57%       -.05
英国債10年物     1.80%       -.05


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,758.50    -8.25     -.47%
原油 北海ブレント        109.27     +1.08    +1.00%

◎欧州株式市場

20日の欧州株式相場は反落。これで今週に入り、ストックス欧 州600指数が上昇したのは前日のみとなった。この日発表の9月の中国 製造業購買担当者指数(PMI)は11カ月連続の活動縮小を示唆し、世 界景気の鈍化が深刻化しているとの懸念が強まった。

ストックス欧州600を構成する19の業種別指数では、鉱業株指数が 最も下げた。ドイツの自動車メーカー、ダイムラーは2%の値下がり。 メルセデス・ベンツ・カーズ部門の減益見通しを明らかにした。ベルギ ーの通信会社テレネット・グループ・ホールディングは13%の大幅高。 米リバティー・グローバルによる総額25億ドルでの未保有株買収提案が 手掛かり。

ストックス欧州600指数は前日比0.2%安の274.50で終了。6月4日 に付けた年初来安値は依然として17%上回っている。欧州中央銀行 (ECB)による無制限の国債購入計画や、米連邦公開市場委員会 (FOMC)の量的緩和第3弾決定が相場の支え。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)傘 下のクッツで最高投資責任者(CIO、欧州担当)を務めるノーマン・ ビラミン氏は、「中銀の決定は必要なものではあったが、ここ数年続い ている危機から完全に脱出するにはまだ十分ではない」と指摘。「本当 に必要なのは成長だ。財政面で一段の取り組みが必要だと思われる。そ れがなければ、相場がここから継続してかなり高くなっていくのは本当 に大変だろう」と付け加えた。ブルームバーグテレビジョンとのインタ ビューで語った。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが発表 した9月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値は47.8。8月 は47.6(改定値)だった。PMIは50が製造業活動の拡大と縮小の境目 を示す。同日公表のユーロ圏の9月の総合景気指数は45.9と、2009年6 月以来の低水準となった。

この日の西欧市場では、18カ国中12カ国で主要株価指数が下落し た。

原題:European Stocks Drop for a Third Day in Four on Chinese Output(抜粋)

◎欧州債券市場

20日の欧州債市場ではドイツ10年債が4日続伸。スペインの3 年債入札で応札倍率が低下したことを背景に、域内で最も安全とされ るドイツ国債の需要が高まった。

ドイツ10年債相場は、今月に入ってから最長の連続高。この日 発表された9月のユーロ圏総合景気指数が低下し、3年3カ月ぶりの 水準となったことも手掛かり。スペイン国債は下落。同国が救済を要 請するとの見方から、前日までは買われていた。フィンランドは最上 級格付けを失う恐れがあるとスタンダード・アンド・プアーズ(S& P)が指摘したものの、同国の国債は堅調だった。

コメルツ銀行のストラテジスト、マイケル・ライスター氏(ロン ドン在勤)は「安全を求める需要は引き続きしっかりとある」と述べ、 「ドイツ10年債の利回りが上昇し1.8%に到達するのは、先週みら れたほど容易ではない」と続けた。

ロンドン時間午後4時12分現在、ドイツ10年債利回りは前日 比5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.57%。同 国債(表面利率1.5%、2022年9月償還)価格は0.44上げ

99.325。

スペインは指標銘柄となる2015年10月償還の3年債を39億 4000万ユーロ発行した。平均落札利回りは3.85%。6日の前回入札 時は3.68%だった。応札倍率は1.56倍で、前回の1.76倍を下回 った。10年債も8億5800万ユーロ発行された。

スペイン10年債は入札後に下落し、利回りは8bp上昇し

5.78%。イタリア10年債利回りは7bp上げて4.99%。

原題:German Bonds Rise 4th Day as Demand Drops at Spanish Note Sale(抜粋)

◎英国債市場

20日の英10年債相場は4日続伸し、利回りは1週間ぶり低水 準となった。経済統計で中国や英国の景気鈍化の兆候が示され、比較 的安全とされる資産を求める動きが強まった。

ユーロ圏のサービス業と製造業を合わせた活動を示す指数が9月 に3年3カ月ぶり低水準に落ち込んだほか、8月の英小売売上高が4 月以降で初めて減少したことが手掛かり。英公債管理局(DMO)は 入札で5年債を45億ポンド発行した。

インベステック銀行(ロンドン)のアナリスト、ブライアン・バ リー氏は「世界経済の底流にある健全性に再び注目が集まった」とし、 「このため、英国債やドイツ国債など安全と見なされる資産のパフォ ーマンスは、比較的リスクの高い資産を上回った」と続けた。

ロンドン時間午後4時45分現在、英10年債利回りは前日比5 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.80%。一時は

1.78%と、12日以来の低水準となった。同国債(表面利率1.75%、 2022年9月償還)価格はこの日、0.43上げ99.58。

英政府統計局(ONS)が発表した8月の小売売上高指数(燃料 含む)は前月比0.2%低下。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエ コノミスト22人の調査中央値では0.3%低下が見込まれていた。

英5年債も4日続伸。利回りは3bp下げて0.79%となった。 DMOによると、2017年9月償還の国債入札で平均落札利回り は0.802%。7月4日の前回入札では0.942%だった。

原題:U.K. Gilts Advance for Fourth Day Amid Signs of Global Slowdown(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE