アトランタ連銀総裁:8月の雇用「満足からは程遠い」

アトランタ連銀のロックハート総裁 は、8月の雇用統計は「満足のいく水準からは程遠い」との認識を示し た。1週間前の13日、米金融当局は景気浮揚に向け追加緩和策を発表し た。

総裁は20日、カンザスシティー連銀の会議で発言。事前原稿による と、「現在の雇用状況および当面の見通しが、私や他の当局者が最も気 にかけていることだ」と述べた。

雇用市場の改善促進を狙う連邦公開市場委員会(FOMC)は先 週、量的緩和第3弾を決定した。9月7日に発表された8月の米雇用統 計は雇用者の伸びがエコノミスト予想を下回った。

ロックハート総裁はまた、「今日の労働市場では、職探しや雇用の 維持、賃金の伸びにおいて最も重要となるスキルには、批判的思考や分 析技術といった能力が含まれている」と語った。さらに「労働者は変化 し続ける労働環境に追いつくために、ソフトとハード両面のスキルを向 上させ、見直す必要がある」と続けた。

同総裁は聴衆からの質問に対し、「極めて低水準にある政策金利 は、借り手が非常に割安な金利で借り入れできる機会をもたらしてい る。そして借りれた資金を投資や投資を支える人材開発に活用できる」 と続けた。

原題:Fed’s Lockhart Says U.S. Job Market ‘Far From Satisfactory’ (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE