ボストン連銀総裁:量的緩和第3弾は労働市場の「傷痕」防ぐ

米ボストン連銀のローゼングレン総 裁は金融当局による量的緩和第3弾(QE3)について、住宅市場や景 気をてこ入れし、労働市場のダメージが長引くのを抑えるのにも役立つ との認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。