台湾中銀、政策金利1.875%に据え置き-大方の予想通り

台湾の中央銀行は20日、政策金利を 5会合連続で据え置くことを決めた。輸出減少で経済が厳しい状況とな っているものの、物価上昇に対応するため利下げは見送った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。